湯河原散策

 普段クライミング以外では滅多に訪れない湯河原散策です。

 

 湯河原幕山をボルダーを探しつつハイキング。そして、時期的にも梅の実がなっているはず?なので、あわよくば梅狩りして、温泉入ってビール飲んで美味しいもん食べて。ってプラン。

 

f:id:rqnq:20170615145702j:image

 朝ごはんは、優雅にグリーン車崎陽軒のシュウマイ弁当。

f:id:rqnq:20170615145759j:image

 冷えてても美味い。

 狭い車両だったのでちと寒かった。

クーラー効き過ぎですね。

 

 湯河原駅到着。駅前は大規模な工事をしていて戸惑いましたが、タクシーにて  幕山公園へ向かいます。

f:id:rqnq:20170615150053j:image

 風が適度にあって涼しい。絶好のハイキング日和。さぁさぁ、登山口へ参りましょう。

 

っが、訳あってハイキング断念。

 ハイキング開始から5分後のこと。

 この時期、気温も上がり、もともと暖かい湯河原ですので、虫の活性も高まります。実は、ツレが極度の虫嫌い。蝶や蛾が飛び交うなか怯え。さらにヘビ、ムカデでノックアウト。そういえば道端でマムシが轢かれてました。こんなところにいるんですね。マムシ

 

 あっさりハイキング終了。梅狩りに変更しました。地面をよく見るとポツポツですが、梅が落ちています。しかし、他の梅ハンターとの競争が激しいのか採集ペースが上がりません。

 

 どうしたものか。と思っていたところ救いの神が。

神様「梅拾ってんのか?」

 

 うっ、梅を勝手に拾ったらマズイのかな。。

恐る恐る「はい。」と答えると。

 

神様「ここら辺はほとんど梅は落ちてないよ。こっち来な。」

 

 なんと、梅の実がついている木まで案内してくれました。

 しかも、それだけでなく。

神様「落としてやっから拾いな。」

 

 おお、神よ。ありがとうございます。

 

 しかし、神様はアメだけでなくムチも与えるのが上手なようで、人が梅の木の下で拾っているところに容赦なく梅を落としてきます。頭、背中、地味に痛い。

f:id:rqnq:20170615152442j:image

f:id:rqnq:20170615152458j:image

 神様のおかげでこんなにたくさん採れました。

神様「また来年も来いよ。」

 お礼を言って幕山公園を後にします。

 どうやら神様は、公園の管理?ガイド?をしているお方のようでした。

 

 帰りはタクシーを呼ぶのもなんなので、歩いて駅を目指します。ハイキングしてないですからね。

 梅の実が重い。何キロあるんだろ?しかし、トレーニングにぴったり。

 

 1時間ちょっとで湯河原駅まで戻ってました。駅前で甘味を補給します。

f:id:rqnq:20170615153315j:image

f:id:rqnq:20170617160102j:image

 

 時間は13時過ぎ。温泉でも入りましょ。

 

 バスに揺られ大滝ホテルへ向かいます。日帰り入浴は14時からというので、近くの不動滝見学へ。

f:id:rqnq:20170617160139j:image

 近い、近すぎる。5分もかからず到着です。時間潰しにならない。

 f:id:rqnq:20170617160210j:image

 結局、ホテルのロビーで待たせて頂きました。ロビーの照明、昭和感があって良い。

f:id:rqnq:20170617160259j:image

 

 五分前だけど入っていいよ。とお許しを得て大浴場へ向かいます。

 

清潔感があっていい感じです。露天風呂も綺麗で気持ちいい。何より他に誰もいないという贅沢。最高です。

 1時間ほどゆっくりさせていただきました。脱衣所には、「ご自由にどうぞ」と置かれた、キンキンに冷えた麦茶。こちらも最高です。

 

 再び湯河原駅までバスで戻り、ビールが飲めそうなお店を探します。

 

 湯河原駅前に構えるお土産店兼食堂「一福庵」 、食堂は二階となります。

 たんたん焼きそばが名物らしいです。

 ツレはたんたん焼きそばとビールを注文。

 しかし、私はビールとえだまめ、お刺身盛り合わせを注文。

f:id:rqnq:20170617160514j:image 

山に行って、温泉入ってビールで〆る。これ以上幸せなことが、あるのでしょうか?

 

帰りもグリーン車にて。

f:id:rqnq:20170615195044j:image

 こうなることは必然です。

 

 有意義な時間を過ごせました。こういう週末も良いね。