読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買わない習慣 金子由紀子

自分用の読書備忘録。

 

この本を読むのは2回目になります。

以前は私自身、かなり無駄な買い物をしてきたなぁと思います。

無駄に買い物をして後悔することもしばしば。

 

でも最近では、なるべくシンプルで身軽な生活を心掛けています。

目指せミニマリスト!と行きたいところですが、私には当分無理そうですが。。

 

この本では、節約をどうこうではなく、そもそも買わなければ、あれこれ悩まなくて済むじゃないのって内容です。なんとなくコンビニに寄っちゃうから買ってしまう訳です。

そもそもコンビニに入らなければ買わなくて済みます。どうせコンビニには、ほんとうに大事な物って売ってないです。お茶やコーヒーが飲みたければ、家で作ってサーモスにでも入れて持ち運んだ方が安心かつ美味しいです。

 

どうせ買うなら「バーゲンセールで安かったから」より、本当に欲しいものを納得した上で定価で買った方が後々後悔しないと思いませんか?

 

また、「買わないでガマンする暮らし」ではなく「買わなくても楽しめる質の高い暮らし」を目指しましょうとも書いてあります。

著者が提案する「質の高い暮らし」とは

・ほんとうに必要なモノはきちんと手に入り、暮らしに要らないモノがない

・心と体が健康である

・ヒマをもてあますことも、時間に追われることもない

そういった暮らしです。

 

他にもいろいろな「買わない」ための考え方や方法が著してあり、共感できることも多かったです。

 

この本を読み終えて、改めて自分の生活を見直さなければ、と思うしだいです。先ずは最近乱れている食生活の改善かな。外食ばかりでお金も勿体ないし、体にも悪い。来週からは会社に弁当持参しよっと。