【絶品】悪魔のトリッパトマト煮込み

トリッパとは通称ハチノスと呼ばれる牛の第二胃袋です。そいつのトマト煮込み。

とにかくハチノスの下処理が大変というイメージが有りますね。

まぁ、楽ではないですが。。 

 

ところで、悪魔って、いったい何が?とお思いでしょうが、悪魔的なカロリーをトコトン付していきます。

 

主役のトリッパは肉のハナマサで購入。処理済が断然オススメです。いや、処理済でないとオススメしません。トラウマになりますので。

f:id:rqnq:20170404231745j:image

冷凍ハチノス

 

臭みを取るために茹でこぼします。

3回ほどしました。。

 

f:id:rqnq:20170404231928j:image

最後はハチノスに味を染み込ませるために

f:id:rqnq:20170404232003j:image

玉ねぎ、ねぎ、セロリ、日本酒、コンソメで煮込みます。

 

f:id:rqnq:20170404232157j:image 

しっかり味を染み込ませたトリッパを食べやすい大きさにカット。

f:id:rqnq:20170404232250j:image

ここから更に、煮込みに入ります。

 

先ずは、

f:id:rqnq:20170405003459j:image

 玉ねぎ、人参、トマト、にんにくを、みじん切りにして「バター」で炒めます。

オリーブオイルなんてヘルシーな油は使いません。「バター」です。たっぷりです。

 

ある程度炒まったら、味の染み込んだトリッパを投入して更に炒めます。 

f:id:rqnq:20170405003826j:image

 

f:id:rqnq:20170405004002j:image

その後、ホールトマト、水、コンソメを入れて煮込んでいきます。

 

f:id:rqnq:20170405004158j:image 

透明感のある綺麗な味は求めていないので、灰汁はあえて取りません。

灰汁が溶け込むまで煮込んでいきます。

 

ある程度に煮詰まってきたところで、悪魔たる所以、カロリーupのためにチーズを投入します。

f:id:rqnq:20170405004510j:image

ピザ用のチーズ、たっぷり。

f:id:rqnq:20170405004546j:image

凶悪感を出すためにブルーチーズ、たっぷり。

f:id:rqnq:20170405004635j:image 

更に粉チーズ、たっぷり。

f:id:rqnq:20170405004700j:image

2/3本程入れました。

部屋中チーズ臭が充満していますが、気にしません。

ここまでくると、ちょっとした使命感が湧いてきます。

 

あとはひたすら焦がさないように煮込むのみ。

スープの粘土は、ほぼゼロなので要注意です。 

 

 

お皿に盛り付けて完成です。

イタリアンパセリと追い粉チーズ、黒コショウします。

f:id:rqnq:20170405005127j:image

f:id:rqnq:20170405005249j:image

 

濃厚です。濃厚以外、表現のしようがないです。運動しない人は確実に太ります。

自己責任でお願いします。

 

ただ、かなりご好評いただけましたので、ホームパーティには良いのではないでしょうか。

時間が掛かるってだけで、実は結構簡単なので。