読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康診断への追込み

来たる健康診断に向けて、弛んだ身体に鞭を打っていました。

 

栄養云々よりカロリー中心です。

そもそも普段の生活において、栄養+カロリーは摂りすぎているので問題なし。

 

一時、70キロを目前にしつつ、追込んで64.5キロまで何とか絞りました。

目的へ対するモチベーションが何より大事です。

 

それでも去年よりは増えていますが。。

 

時に、この健康診断の結果によっては食生活(主にお酒)が、家族により強制的に制限されることもあるでしょう。

何としても、数字で結果を出さなければいけない。言わば、負けられない闘いがあるのです。

 

体重は良しとして、健康診断の第2の敵は何と言ってもバリウムです。

どうしても慣れない。

毎回飲込む際に、ちょっとした粗相をしてしまいます。

検査技師「絶対にゲップはしないでくださいね。」

ご一考「はい。(無茶言うな)」

 

その後は回転台にて、正に「まな板の鯉」状態です。

検査技師「右に3回回ってください。」

ご一考「はい。。。うっっ」

などを何回も繰り返し、現代医学って何のなの?的な思いに耽ります。

検査終了かと思えば、最後の極めつけが有りましたね。

今にもゲップしそうな人間に対し、無慈悲にお腹を押す行為。。

 

グロッキー状態になりつつ、何とか健康診断は終了したと思った束の間、下剤と大量の水を飲まされる始末です。

下剤の不安に怯えつつ、当然ですが午後は憂さ晴らしに昼食(ラーメン多油、フライドチキン、メンチカツ)を食べ、有給を取って有意義にトイレとお友達になるわけです。

 

 

来年こそは、追い込まずに健診を受けたいね。